行政指定の生活保護者支援センターからのご依頼

生活保護受給者の方が病院でお亡くなり、住んでいた住居の残留生活品の処分を、
こちらの物件を管理されているお付き合いの長い不動産屋さん介して生活保護支援センターから受注いただきました。
こちらの市の生活保護センターによりますと
住んでいた 住居に残された生活用品残留物の不用品処分を含む、退去時の費用は 受給者ごとに上限10万円までだそうで (今回の事案の市の場合) 市役所で直接契約されている 家電リサイクルなどの不用品業者や センター側で色々な不用品業者に見積もりを依頼したそうですがどの業者も見積額が大幅にオーバー だったそうです。
生活保護受給者の方の お住まいは 家財品 家電などは少ないのですが 、生活ゴミを溜め込んで ゴミ屋敷のようになってしまっている ケースも多々あるそうです。
そのような場合、処分料金が高額になって センターでも 予算以内に収まる業者がなかなか見つからず 、センターの業員の人が 片付けるのにも人手不足で普段の業務と並行して行うことは困難で、このような事案が何件もあったりと業者を探すことに困窮していたそうです。
こちらのご依頼依頼今では定期的に同じようなケースの不用品処分をセンターから数多く承っております。 センターなどからの依頼だけでなくて生活保護がお住まいの物件を管理されている不動産会社からも同様な依頼をたびたび受けております。
予算が足りなく 処分できず 家賃が発生してしまう場合 結果的に多額のお金がかかってしまうことになります。 当社ではできる限りお客様のお役に立てるよう低価格で処分を行いますのでお気軽にお問い合わせください。